東京ゲートブリッジ

15

恐竜橋

東京湾の中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ東京ゲートブリッジは2012年(平成24年)2月12日に開通した全長2,618mの橋。すぐそばにある羽田空港へ離発着する飛行機の妨げにならないように、航空法によって定められている橋の高さ制限98.1m以下に抑えなければならない一方で、東京湾を通る大型船舶が橋の下を通行可能なように桁下の高さ54.6mを確保しなければならなかったため、「トラス構造」と呼ばれる、三角形に繋いだ鋼材を組み合わせて橋桁の荷重を分散する構造となっている。日本国内のトラス橋としては大阪府の港大橋(510m)に次ぐ440mの支間長を誇る。

その名の通り、まさに東京港を出入りする船舶のゲート的存在の橋で、その独特の見た目から「恐竜橋」とも呼ばれる。その姿は遠くからでもよくわかる印象的なもの。水上バスや東京湾クルーズの船からその全容がみられるほか、東京湾を行きかうフェリー、海ほたるなどからもよく見ることができる。

富士山と東京ゲートブリッジ

12
10

天気がよく空が澄んでいる日には、東京ゲートブリッジと富士山の共演を見ることができる。

東京スカイツリーと東京ゲートブリッジ

01

東京湾を航行する船から東京ゲートブリッジを望む。ちょうど良い場所に来ると東京ゲートブリッジの真ん中に東京スカイツリーという構図に。

東京港フェリーターミナルを利用するオーシャン東九フェリーのフェリーに乗船すると、東京ゲートブリッジの真下をくぐることもできる。
→ 参考リンク:オーシャン東九フェリー「おーしゃん さうす」乗船記(外部リンク)

06
東京ビックサイトから見る東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジの歩道

東京ゲートブリッジは高速道路ではなく一般の道路なので歩道もあり、歩いて渡ることができる。通行料金も無料だ。若洲公園のある側から、昇降施設を利用して橋の上の歩道へ昇ることができる。ただ、歩いて渡れるとはいえ、反対側の中央防波堤の埋め立て地へ降りることはできないので、再び元来た道を歩いて若洲側に戻ることになる。ちなみに歩道が設置されているのは都心側のみ。

歩道の通行可能時間

東京ゲートブリッジの歩道を通行できる時間は10時から17時まで。(最終入場は16時30分)。7月1日から9月30日までの金曜・土曜日は10時から20時(最終入場は19時30分)まで通行が可能だ。また、毎月第3火曜日と毎年12月の第1火曜日(祝日の場合はその翌日)は利用休止となる。また、強風、豪雨などの荒天時や、積雪、凍結がある日は利用制限があるので、注意。

東京ゲートブリッジの歩道へ自転車の乗り入れは可能?

反対側に渡りきれない上、歩道は狭い為、自転車の乗り入れは禁止されている。自転車の車道への乗り入れも出来ないので注意。(原動機付自転車(50cc以下)も通行不可。)

東京ゲートブリッジへのアクセス

東京ゲートブリッジへは、JR京葉線、地下鉄有楽町線、りんかい線の新木場駅から都バスが便利。新木場駅の1番バス乗り場から「木11系統 若洲キャンプ場」行きに乗り、終点の「若洲キャンプ場前」で下車。そこから徒歩ですぐだ。→ 都バス時刻表

車でアクセスする場合は、首都高速・湾岸線新木場ICから約4km。新木場ランプを出て若洲方向に向かい、国道357号線経由、若洲海浜公園方面へ直進。お台場方面からは、第二航路海底トンネルを経由し、中防大橋通過後、東京港臨海道路を左折。大井ふ頭方面からは臨海トンネルを経由し、東京港臨海道路を直進すると東京ゲートブリッジに着く。

東京ゲートブリッジ周辺の駐車場

東京ゲートブリッジへ車で行く場合は、若狭公園の駐車場が利用できる。普通車は一回500円、大型バスは一回2,000円、二輪車は無料となっている。

東京ゲートブリッジのライトアップ

東京ゲートブリッジは日没後にLEDカラー照明でライトアップが実施されている。ライトアップ実施時間は日没(毎日時間が変化)~午前0時までで、毎日実施。日没時間を確認。(国立天文台HP)

東京ゲートブリッジのライトアップのうち、ライン照明は、1月白金色、2月真珠色、3月 若草色、4月 新緑色、5月 青葉色、6月 水色、7月 海色、8月 空色、9月 桔梗色、10月 秋草色、
11月 紅葉色、12月 緋色という具合に月ごとに変化。また、毎時0分には、連続照明に動きがあるほか、国民の祝日にも色が変化する。月ごと、季節ごとに眺めに行くのも面白い。

東京ゲートブリッジ周辺の施設・公園

江東区立若洲公園

若洲キャンプ場のある江東区立若洲公園は、潮風をうけながらアウトドア体験を満喫できる都内でも有数の公園。キャンプ場では、日帰りのバーベキュー設備のほか、宿泊キャンプができる設備も整っている。経験者がいれば、キャンプファイアーも。そのほか、貸自転車や、遊具の揃う多目的広場、海釣りができる施設など、大人から子供まで楽しめる多様なレクリエーション施設が充実している。

02

若洲キャンプ場に宿泊すれば、こんな朝の絶景を見ることができるかも。

Japan web magazine’s recommend

Share