祝福の気持ちを包むご祝儀袋が形を変え生まれ変わる

御祝い事などで頂くご祝儀袋。それがたとえどんなに豪華なご祝儀袋でも、使用後には通常捨てられてしまうもの。そんなご祝儀袋を捨てずに使えるとしたらどうだろう。

1

「相手への特別な想いを包むご祝儀袋に、日本伝統の美と新たな価値を宿らせたい」という思いから誕生したのが、今日ご紹介する「結姫(むすびめ)」。特別な祝福の気持ちを包む「ご祝儀袋」が「巾着袋」として生まれ変わる特許取得済みのご祝儀袋だ。

結姫のご祝儀袋は、日本の美を象徴する反物と、福井県の熟練職人が丹精込めて作った和紙、水引から織りなされている。日本の伝統文化を支え、繋いできた多くの人の技術や想いが重なって生まれた特別なご祝儀袋だ。

2
中身を出したご祝儀袋は、送り主の想いがこもった巾着袋に早変わり。贈られた人の元で新たな輝きを放つ。

商品は、福井仁愛女子短期大学デザイン学科の学生との共同でデザインされ、女性ならではの感性を生かした機能美あふれるものに仕上がっている。きめ細かい縫製や今までには無い新用途の発見で、予想を超える早さで特許取得に結び付いたという。

反物で出来ているだけあって確かに通常のご祝儀袋と比較するとお安くはないが、その分、スペシャル感は抜群だ。是非、特別な人へのお祝いの際に使用されてみてはいかがだろう。

■特許取得済(No.5733773巾着袋兼用金封包)
■商標登録済(No.5742261結姫)
■大きさ 祝儀袋:縦19cm×横約12cm 巾着袋使用:縦約24cm×横約19cm

◇価格:2,916円、3,888円、4,860円(税込)

http://musubime-japan.com/

Share