天皇皇后両陛下傘寿記念 第66回正倉院展 2014年11月12日(水)まで 奈良国立博物館

奈良国立博物館

奈良県奈良市にある奈良国立博物館で、第66回正倉院展が開催中。2014年11月12日(水)まで。

宮内庁が整理済みの宝物だけで約9000点に上るという正倉院の宝物のうち、毎年開催される正倉院展で公開される品目は約60~70点のみ。本年の正倉院展では、聖武天皇・光明皇后ゆかりの北倉から6件、東大寺の儀式関係品、文書記録、造東大寺司関係品などが収められていた中倉から28件、仏具類が収められていた南倉から22件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて59件の宝物が公開される。 

例年通り、正倉院宝物の概要と来歴がわかるような内容・構成となっているが、今年は特に、桑木阮咸(くわのきのげんかん)や衲御礼履(のうのごらいり)、鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)、黄金荘大刀(おうごんそうのたち)など、天皇皇后両陛下の傘寿を慶祝するような、華やかな宝物が揃っているのが特色。

Japan web magazine’s recommend

Share