第37回 青蓮院門跡 夜間の特別拝観

syorenin
写真提供:青蓮院門跡

京都府京都市東山にある青蓮院門跡で実施されている「第37回 夜の特別拝観 ライトアップ」が、実施終了まで残すところあと数日となった(2014年12月23日まで)。

青蓮院門跡の夜間特別拝観は、毎年春と秋に実施されている恒例のライトアップで、青蓮院門跡のご本尊・熾盛光如来が光そのものであり、その化身の不動明王(国宝青不動明王を祀る)も炎の光を背負っており、光との関係が大変深いことから実施されているものだ。

大小三百の照明器具による芸術的レベルの高い景観照明。江戸時代に仮御所となった事から、粟田御所とも呼ばれている青蓮院の貴品と格調高い池泉廻遊式庭園や、境内全域が、あますところなくライトアップされている。境内を拝観後、ライトアップされた庭園の散策もできる。

Japan web magazine’s recommend

Share