松下村塾

松下村塾

松下村塾は幕末期に吉田松陰が教鞭をとったことで知られる私塾。高杉晋作を初めとする、その後の日本の改革で大きな働きをする人材を多く輩出した。吉田松陰の叔父・玉木文之進が1842年(天保13年)に自宅で開塾。松蔭自身もここで学んでいる。1856年(安政3年)から1859年(安政6年)は、松陰が実家杉家邸内の納屋を増改築して続けた。士農工商の身分の区別なく学べたのが特徴で、高杉晋作のような士族の子弟はむしろ珍しく、近隣の青年たちが多かったという。松蔭神社内にあり外観は自由に見学できる。

Share