白山比咩神社

白山比咩神社

金沢市内から、車で約30分、石川県白山市三宮町に鎮座する白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、「富士山」「立山」と共に日本三霊山の一つに数えられる「白山」を御神体とする神社だ。

全国に2,000社以上ある白山神社の総本社で、近隣の人々には「白山(しらやま)さん」「白山権現」とも呼ばれ、崇敬されてきた。

創建は崇神天皇(3世紀〜4世紀初め頃)の時代といわれ、718年(養老2年)に、越前の修験僧・泰澄大師によって、白山の主峰である御前峰の山頂に奥宮が建てられ、白山妙理大権現が祀られた。

その後、白山を霊山とする山岳信仰が盛んになり、修験者、登拝者が増えるにつれ神社は繁栄、今の古宮公園(石川県白山市白山町レ67番地)のある場所を中心に、本宮・金剱宮・三宮・岩本宮・中宮・佐羅宮・別宮という白山七社を形成し、栄えたという。しかし、1480年(文明12年)におきた火災により、本殿をはじめとする諸堂宇を焼失、三宮のあった現在の場所に遷された。

白山比咩神社

戦国時代には、一向宗の台頭などの理由で衰退し、建物も荒廃したというが、江戸時代に入り加賀藩主・前田公の庇護を受け復興。明治時代になると、神仏分離により、寺号をとりやめ、927年にまとめれた『延喜式』の巻九・十で、当時「官社」に指定されていた全国の神社一覧「延喜式神名帳」に記載された社名である「白山比咩神社」に名称を戻している。

主祭神として祀られているのは、白山比咩大神(菊理媛神(くくりひめのかみ)と同一神とされる。)と、伊邪那岐尊、伊弉冉尊。加賀国一宮。式内社。旧社格は国幣中社。

社殿

白山比咩神社

本殿、幣拝殿、直会殿、外拝殿、遊神殿などからなる社殿。本殿は三間社流造で銅板葺。1768年〜1770年(明和5年〜同7年)にかけて造替されたものと推定される。県の有形文化財。

奥宮

白山の主峰・御前峰山頂付近に鎮座する。この奥宮に対し、山麓の社殿は「下白山」または「白山本宮」と呼ばれていた。

国宝・重要文化財

国宝指定の剣(銘 吉光)のほか、絹本著色白山三社神像(絵画)、木造狛犬 1対(彫刻)、木造獅子狛犬 1対(彫刻) 、太刀(銘 長光)(工芸品) 、黒漆螺鈿鞍(工芸品) 、沈金彫手箱(工芸品) 、白山縁起(書跡・典籍)、 神皇正統記(書跡・典籍)、三宮古記(古文書) 、白山宮荘厳講中記録(古文書) など多数の国指定重要文化財が伝えられている。

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

白山比咩神社

Japan web magazine’s recommend

Share