志賀直哉邸跡

志賀直哉は1915年(大正4年)、柳宗悦の勧めによって手賀沼の畔に移り住み、1923年(大正12年)京都に移るまでの7年半を過ごした。「和解」「暗夜行路」「城の崎にて」「小僧の神様」などがここで執筆されている。茶室風の書斎が復元され一般に公開されている。

Share