千尋の滝

千尋の滝

屋久島のモッチョム岳の麓にある落差60メートルの滝。鯛之川によってV字に削られた谷、荒々しい花崗岩の岩盤を水が流れ落ちる景観は実に雄大で豪壮だ。左側には高さ200メートル幅400メートルといわれる一枚岩があり、人が手を伸ばした長さを昔の尺度では「一尋」といい、この岩が千人が手を広げたほどの幅があることから「千尋の滝」と名づけられたといわれる。

Japan web magazine’s recommend

Share