関宿

関宿

東海道、伊勢別街道、大和街道の交わる交通の要衝にあって、東海道47番目の宿場町として栄えた場所。東海道と伊勢別街道の分岐点にあたる「東の追分」から、大和街道と交わる「西の追分」まで、およそ1.8キロメートルにわたり、江戸時代後期から明治時代にかけて建てられた町家が200棟以上も現存、江戸の風情を感じられる昔ながらの町並みが続く様は圧巻だ。

「せきの地蔵さんに振袖きせて奈良の大仏むこに取る」の俗謡で知られる日本最古の地蔵菩薩を本尊とする「関地蔵院」や、かつて関宿を代表する大旅籠の一つであった玉屋を修復、昔使われていた道具や旅に関係する歴史資料、歌川広重の浮世絵などが展示されている日本最初の旅籠資料館「旅籠玉屋歴史資料館」、同じく関宿に関する歴史資料を公開している「関まちなみ資料館」、「鶴屋脇本陣 波田野家」など、見所も数多い。国の重要伝統的建造物群保存地区。

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18

Japan web magazine’s recommend

Share