寒川神社 ~写真で見る日本の「いいところ」~

寒川神社

相模国一宮として知られる寒川神社(さむかわじんじゃ)は、神奈川県高座郡寒川町宮山に鎮座する。夏至の日の入りには丹沢の大山、春分・秋分の日の入りに富士山、冬至の日の入りに箱根の神山(かみやま)方向に日が沈むのを望めることから、八方除けの神社として建立された可能性も高いといわれる神社で、現在も八方除けの守護神として信仰されている。

関東一円から参拝者が集まり、正月の三が日にはのべ40万人が初詣に訪れる。また、テレビ関係者には古くから「視聴率祈願の神社」としても知られていて、新番組が始まる前に、参拝を行うことも多いとか。

そんな寒川神社の魅力をお届けしよう。「写真で見る日本の魅力 日本の「いいところ」 ~寒川神社~」

IMG_3655

IMG_3657

IMG_3667

IMG_3679

IMG_3682

IMG_3699

IMG_3700

IMG_3701

IMG_3713

IMG_3714

IMG_3717

IMG_3737

IMG_3748

IMG_3768

Japan web magazine’s recommend

相模国一宮。式内社(名神大社)、旧社格は国幣中社。主祭神として、寒川比古命 (さむかわひこのみこと)と、寒川比女命 (さむかわひめのみこと)を祀っている。

Share