崎津天主堂

崎津天主堂

崎津教会とも呼ばれる崎津天主堂は、天草下島の西側、波の穏やかな羊角湾をのぞむ崎津の集落に建つ教会。数度の建て替えを経て、現在のものは、堂崎天主堂楠原教会田平天主堂など、長崎を中心に数々の教会建築を手がけた鉄川与助によって1934年(昭和9年)に建てられた。

本格的なゴシック建築の外観でありながら、堂内は畳敷きになっており、海辺の集落にあって、独特の存在感を放ちながら景観の一部に溶け込んでいる。

教会のある周辺一帯が、日本の渚百選「キリシタンの里 崎津」に選ばれているほか、日本のかおり風景100選「河浦 崎津天主堂と海」や、天草市崎津の漁村景観として国の重要文化的景観にも選定されている。また、長崎県外にある教会ではあるが、日本におけるキリシタン文化とその歴史を紐解く上で欠かせない存在として、長崎県の大浦天主堂出津教会堂大野教会堂、原城跡などと共に、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成遺産の一つとなっている。

Japan web magazine’s recommend

長崎の教会群とキリスト教関連遺産

長崎の教会群とキリスト教関連遺産

+-で地図を拡大縮小

Share