「サカナバル グリル」が六本木に10月20日オープン

「サカナバル グリル」が六本木に10月20日オープン
恵比寿の「サカナバル」が、グリル料理を加えてバージョンアップ!

img_52645_1

 新鮮なシーフードと個性豊かなワインをカジュアルに楽しむことができる恵比寿の魚介バル「サカナバル」の姉妹店「サカナバル グリル」が、本日10月20日(月)、六本木にオープン!

 「サカナバル」と同様、函館から直送された魚を使用、漁獲から24時間以内でフレンチ、イタリアン、スパニッシュ、和食とジャンルにとらわれずに調理、提供される。また、ドリンクメニューはシーフードとの相性を考えた世界各国のワインを中心にハイボールやカクテル、焼酎などが幅広く取り揃えられ、グラスワインは常時8種以上が日替わりで用意される。

 「サカナバルグリル」では、旬な魚のグリル料理や、甲殻類などのグリルアソートなど、目でも楽しめる豪快な料理を新たにメニューに。活きオマール海老のグリルは一尾350g~450gを2,700円(税別)で提供。また、このメニューをオーダーすると、海老の味噌と殻についた身を使ったリゾットが500円(税別)にて提供される。独自の仕入れルートを開発、仕込みから手作りにこだわることで、低価格化が実現した。

img_52645_4

 また、バラエティに富んだ自家製サングリアやフレッシュフルーツを使用したスプリッツァーが550円(税別)から提供されるほか、1,000本以上のワインがストック可能なセラーが店内に設置されており、モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアルが6,500円(税別)、ヴーヴ・クリコ イエローラベルが7,000円(税別)で提供される。

 店内は、港のワイン倉庫をイメージしたダイナミックな作りとなっており、カウンター、ソファ席、スタンディング席などもあることから、友人との会食、女子会、デート、一人使いと幅広いシーンで利用できそう。

img_52645_2
img_52645_3

 六本木「サカナバル グリル」は、『良い店』=『使える店』とのコンセプトのもと、非日常を演出しながらも、リーズナブルに楽しめて、活気溢れるお店作りを実現していくという。((注)文中の価格表示は、2014年10末現在のもの)

Japan web magazine’s recommend

Share