初公開の文化財も登場 春の堺文化財特別公開

sakai

2015年4月3日(金)からから4月5日(日)の3日間、「春季堺文化財特別公開」が大阪府の堺市で開催される。与謝野晶子が歌に詠んだ寺社や初公開の興覚寺など、普段は見ることができない文化財等が期間限定で公開され、また、妙國寺では、この季節にしか見ることができない桜と大蘇鉄のコラボレーションも見ることができる。

開催日時 2015年4月3日(金)~5日(日)
      9:30~16:30(最終受付は16:00) ※妙国寺のみ9:30~20:30(最終受付は20:00)

公開箇所 (有料)妙國寺、南宗寺、大安寺、祥雲寺、月蔵寺、片桐棲龍堂(4月4日のみ)
      (無料)妙法寺、顕本寺、開口神社、興覚寺(初公開)、萬福寺、本願寺堺別院、覚応寺

拝 観 料 1ヵ所400円、小中学生は200円 ※市内各観光案内所で共通拝観券1,000円を販売。

拝観券4枚つづり(呈茶券としても利用可能)+堺市博物館+町家歴史館「山口家住宅」及び「清学院」の入館券付。
※呈茶券が使用できる箇所:興覚寺、堺市茶室「伸庵」、喫茶ミ・エール ※公開期間中は有料公開箇所でも販売。

主  催 おいでよ堺21実行委員会(堺市、公益財団法人堺観光コンベンション協会、堺商工会議所、堺ホテル協会)
企画運営協力 NPO法人堺観光ボランティア協会

その他 特別企画として、妙國寺での庭園ライトアップや、開口神社の茶室「無礙庵(むげあん)」での呈茶体験を実施。

※詳しくは、「春季堺文化財特別公開パンフレット」またはホームページへ。

≪公開箇所の見どころ≫
■初公開の文化財
  興覚寺…本堂
  大安寺…大安寺之記
  妙法寺…加納鉄哉筆「涅槃図」
  祥雲寺…沢庵宗彭所用法衣類、一凍紹滴墨蹟 沢庵道号
  開口神社…大寺芝居番付
  覚応寺…与謝野鉄幹書簡 河野通該(鉄南)宛
  片桐棲龍堂…象玉と霊元院等閲覧由緒書付

■特別企画
  妙國寺…庭園ライトアップ(20:30まで)
  開口神社…茶室「無礙庵(むげあん)」での呈茶体験

≪ガイド付きツアー≫
■晶子ゆかりの地をめぐるミニガイドコース
  開催日 4月3日(金)~5日(火)
  参加費 無料
  コース 【集合】堺山之口商店街プラザ→晶子生家跡→開口神社→泉陽高校(外観)→本願寺堺別院→覚応寺
  スタート 10時30分から・13時30分から(所要時間1時間30分)

≪桜の見どころ≫
公開施設付近には多数、桜の見どころあり。
■大仙公園、ザビエル公園、土居川公園(阪神高速堺出口付近)、内川・土居川沿い、宿院頓宮など

Share