十二日まち(じゅうにんちまち) 12月12日 埼玉県さいたま市浦和区

12
写真提供:さいたま市

明治時代から続く歳末市

12月12日、埼玉県さいたま市浦和区にある調神社(つきじんじゃ)とその周辺地域で、明治時代から続く歳末市「十二日まち(じゅうにんちまち)」が開催される。

「十二日まち」は、明治25年頃に始まったといわれる、年の暮れに神棚や熊手をはじめとする縁起物、新年の飾り物や正月用品を売る歳末市(大歳市)で、調神社の境内や調公園、旧中山道沿いには、熊手や神棚などの縁起物や、食べ物、飲み物などを売る店、金魚すくいに射的など、約1000店に上る露店が立ち並び、平日でも夜遅くまで大勢の人で賑わう。

かっこめ(ミニ竹熊手)の授与

場 所:調神社授与所
時 間:10:00〜22:00(無くなり次第終了)
金 額:1,500円

露 店

場 所:調神社境内・調公園・旧中山道周辺道路
出店数:約1,000店
販 売:熊手、縁起物、食べ物など

古神札・古熊手の納札所

 
場 所:調神社 正面参道南側
時 間:11:00〜23:00

Japan web magazine’s recommend

Share