高校生写真の日本一を決める「写真甲子園2015」本戦大会へ進出するブロック別代表校が決定!~全国514校の中から18校が本戦へ~

sub1

2015年8月4日(火)から8月7日(金)にかけて、北海道「写真の町」東川町をはじめ大雪山国立公園一帯を撮影フィールドとして開催される全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2015」のブロック別審査会が実施され、本選の出場校が決定した。

main

ファイナル審査会(2014年大会)

第22回目を迎える今年の写真甲子園には全国の514校から応募があった。ブロック別公開審査会は6月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)の4日間に全国11ブロックで開催され、初戦審査を突破した90校の選手たちが応募作品の制作意図やアピールポイントをプレゼンテーションをおこなった。

ブロック別審査会を突破し、北海道で開催される本戦に出場する高校は以下の18校。

■ 北海道ブロック代表: 北海道岩見沢高等養護学校、 北海道尚志学園高等学校
■ 東北ブロック代表: 青森県立弘前高等学校、 宮城県白石工業高等学校
■ 北関東ブロック代表: 埼玉県立芸術総合高等学校、 埼玉栄高等学校
■ 南関東ブロック代表: 千葉県立四街道高等学校、 千葉県立松戸南高等学校
■ 東京ブロック代表: 東京都立小石川中等教育学校、 東亜学園高等学校
■ 北陸信越ブロック代表: 富山県立富山東高等学校
■ 東海ブロック代表: 光ヶ丘女子高等学校、 愛知県立津島東高等学校
■ 近畿ブロック代表: 大阪府立生野高等学校、 和歌山県立神島高等学校
■ 中国ブロック代表: 山口県立下松高等学校
■ 四国ブロック代表: 香川県立坂出商業高等学校
■ 九州・沖縄ブロック代表: 沖縄県立浦添工業高等学校

オフィシャルサイトで大会の速報を確認できる
http://syakou.jp/

《「写真甲子園2015」本戦 大会概要》
【会期】: 2015年8月4日(火)~8月7日(金)
【会場】:
開閉会式・公開審査会など: 東川町農村環境改善センター
選手撮影フィールド: 東川町~美瑛町~上富良野町~東神楽町~旭川市ならびに大雪山国立公園一帯の撮影フィールド
【審査委員】
審査委員長: 立木義浩氏(写真家)
審査委員: 竹田津実氏(写真家)、米美知子氏(写真家)、長倉洋海氏(写真家)、岩井直樹氏(北海道新聞社写真部長)

写真甲子園とは、高校生が三人一組のチームを組み、組写真で競い合うフォトコンテスト「写真甲子園」。今年で第22回目を迎える全国規模の大会。代表校が北海道に集結し、撮影フィールドで選手たちは、人との交流を学び自然環境との共生を意識できる有意義な大会となっている。

●問い合わせ先●
写真甲子園実行委員会事務局  TEL.0166-82-2111/FAX.0166-82-4704
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8 東川町写真の町課内

Share