阿蘇山で黄金のすすき原に癒される

阿蘇山 すすき

見渡す限り一面のすすきが風に揺れる。それは、まるで薄金色の地面がうねっているかのように、雄大で、そして平和な眺めだ。

9月14日の噴火以来、阿蘇山の火口周辺では入山規制が行われ、噴火警戒レベルは3とまだまだ予断を許さない状況が続いているが、そんなことが嘘のように、すすきたちは優雅に風に揺られている。

秋特有の抜けるような気持ちの良い青空と、すじ雲、肌を撫ぜる爽快な風。紅葉にお月様、読書、そして美味しい食べ物と「秋」は魅力の目白押しだが、このすすきが揺れる風景もまた素敵な秋のワンシーン。阿蘇山麓約1万5000ヘクタールの広大な野草地に広がるすすき原は、そのスケール、美しさ共に全国屈指で、実際にすすき原の中に身を置いて見渡すとその広さに圧倒される。例年、すすきの見頃は、種が風に乗って飛び散ってしまう10月の末頃まで。

撮影場所

Share