オカモノアラガイ

オカモノアラガイ

内浦湾(噴火湾)に面する北海道長万部町の静狩駅のそばの草原で、小さな小さなオカモノアラガイに出会った。

オカモノアラガイは、北海道や東北などでよく見かける陸棲の貝で、湿り気のある河川や沼のほとりなどの草原に生息している。成長すると2.5ミリメートルほどになるが、出会ったものは、小指の指先ほどの小さな個体。草の上をゆっくりと進みながら、水滴をちょんちょんと飲むかのように頭を動かす。透明感のあるつややかな軟体と綺麗な黄褐色をした殻、ちょこんと飛び出た触覚がかわいらしい。

撮影場所

Share