日本で一番美しい夜祭 おわら風の盆

風の盆

毎年9月1日~3日にかけて、富山県富山市八尾で行われる「おわら風の盆」は、江戸元禄の頃、八尾の町衆が、加賀藩から下されたという「町建御墨付」を、自分たちの元に取り戻したお祝いに、三日三晩、歌い踊り、町を練り歩いたのが始まりとされる祭り。

それがいつしか変化して、風(台風)を鎮める為の風鎮祭として行われるようになったともいわれ、賑やかさや派手さはないものの、格調高い情緒的な踊りと唄で、「日本で一番美しい」とも評される祭りだ。

古き良き時代の面影を残した家並みが続く中、鮮やかな衣装に身を包み笠で顔を隠した踊り手たちが、おわら節にあわせて、「とんっ」と、風のように舞う。

淑やかな中にも艶を含んだ女踊り、勇壮で切れのある男踊り。衣擦れの音と踊り手のすっという吐息が、耳を撫ぜていく。

八尾は坂の多い町。道端に幾多の灯りがともされ、三味線や胡弓、太鼓の音が鳴り響く。

静かで品のある「美」が、そこかしこで明滅する。夢のような時が流れていく。

哀調を帯びた胡弓の調べ。夜空に上りゆく謡。三味線の音は風に溶けゆく。

静寂の音。
沈黙の声。

悠と無が、静かに入り乱れる。

緩の中に動があり、現(うつつ)の中に幻がある。

関連リンク:おわら風の盆

撮影場所

Share