丸亀城から朝日を望む

丸亀城から朝日を望む

日本一高い石垣のある城として知られる香川県丸亀市の丸亀城。城のある標高66メートルの亀山が、丸い亀の形に見えることからその名がついたといわれる。

天守そのものは小ぶりなのだが、幾重にも連なる石垣の重厚さで、外側から見ると威風堂々としたお城だ。

今日の一枚は、その丸亀城の天守そばから見た風景。朝5時過ぎ、讃岐富士と呼ばれる飯野山と丸亀の町を照らしながら、朝日が昇る。

撮影場所

Share