あべのハルカスから見る夜景

あべのハルカスから見る夜景

ついこの間まで、通天閣から見る大阪の風景を「やはり高い所は眺めが良くていいな」と思っていた気もするが、その通天閣が小さく見えてしまうあべのハルカスから見る夜景。

2014年に、総工費約760億円をかけて完成した「あべのハルカス」は、高さ300メートル、地上60階建てのビル。横浜のランドマークタワーを抜いて、現在日本一の高さのビルで、建築物としても電波塔である東京スカイツリー(634メートル)、東京タワー(333メートル)に次ぐ、日本で第三位の高さを誇るビルだ。

展望台の入場料は大人1,500円、中高生1,200円、小学生900円、幼児(4歳 – 5歳)600円。地上287.6メートルへ、分速360メートルの展望台エレベーターに乗ってあっという間に到着する。

写真の通り、夜景の素晴らしさも特別だが、昼間の大阪の風景も圧巻だ。晴れていれば、大阪市内はもちろん、大阪湾や京都の山々、瀬戸内海、生駒山、紀伊山地などが一望のもとに。今や、大阪観光や大阪デートには欠かせないスポットの一つだ。

撮影場所

Share