梅入りさわやかコロッケ

梅入りさわやかコロッケ

例年2月下旬~3月31日まで、「吉野梅郷梅まつり」が行われていた東京青梅市の吉野梅郷。

残念ながら、昨年、ウメ輪紋ウィルスの感染拡大を防除するために、梅の木が伐採されてしまい、当分の間梅まつりは開催されないことになってしまったが、そのかわり、今年は、菜の花や日本水仙、福寿草等の花が植えられ、3月上旬から4月上旬にかけて「吉野梅郷花まつり」が開催された。ボケやレンギョウ、ユキヤナギ、蝋梅、菜の花等の花々が咲き、阿波踊りなども披露されて、昨年までの梅の花満開の風景とはまた違う光景を、訪れた人々は楽しんだ。

そんな吉野梅郷で出会ったのが、「梅入りさわやかコロッケ」だ。

各地で、様々なコロッケを頂いてきたが、梅の果肉入りのコロッケは初めて。どんなものだろうと一口食べてみると、意外にこれが合うのだ。コロッケの衣の油が梅肉でいい具合に緩和され、酸味が油っぽさを消してくれる。じゃがいものほっくりした味わいと衣のサクサク感に梅肉がいいアクセントになって、一見普通の「いもコロッケ」が、一味も二味も違うものへと変化していた。

周辺は、23区と同じ都内とは思えないほど、緑豊かで自然あふれるエリア。空も広くて空気もきれい。野菜などが安く手に入るお店もある。思い立った時に、ふと出かけてみてはいかがだろう。

関連ページ:梅の花満開の吉野梅郷の様子

Japan web magazine’s recommend

撮影場所

Share