隅田川の屋形船

隅田川の屋形船

江戸の頃より、花見や花火、お月見など、大名や商人の風流な遊びとして愛されてきた隅田川の屋形船。江戸の初期の頃のそれは、金銀漆で装飾されたそれは豪華なものだったとか。その後、時代ごとに、流行ったり廃れたりしてきたが、昭和の半ば過ぎには、隅田川の水質の向上などにより復活、近年は会社の歓送迎会や新年会、忘年会などでも親しまれており、海外からの観光客にも人気だ。

この時期はもちろん、花見。隅田川沿いの桜を見ながら、ちょいと一杯、なんて実に風流だが、夕暮れを過ぎると、「花より団子」とばかりに乗船客は皆、お酒と食べ物を楽しみつつ、おしゃべりに夢中。ほのかに酔いながらの春の宵は良いですな。おあとがよろしいようで。

撮影場所

Share