東京ゲートブリッジと富士山

東京ゲートブリッジ

2012年(平成24年)2月に開通した東京ゲートブリッジは、まさに東京湾から東京港に入る門(ゲート)的存在の橋だ。すぐそばにある羽田空港へ離発着する飛行機の邪魔にならないよう、橋の高さを98.1m以下に抑えなければならなかった一方、東京湾を通る大型船が橋の下を通行可能なように橋桁の高さも確保しなければならなかったため、独特の形状をしている。海上から船で見ても、陸上から見ても美しい橋だ。

海上からは水上バスや東京湾をクルーズする船、フェリーなどから見えるが、陸上からこの橋を見るなら、若狭海浜公園に行くのがおすすめだ。バスですぐそばまで行かれる上、駐車場も完備。この一帯は、昔から釣り人には知られた場所で、平日の早朝や土日などはたくさんの釣り人が訪れるほか、バーベキューをする人、散策をする人、様々な人たちがのんびりと思い思いに過ごすことができるようになっている。

そして、なんといってもこの若狭海浜公園は、東京ゲートブリッジのすぐ足元まで迫れるので大迫力の姿を見ることができる。のみならず、橋脚の間に天気が良ければ富士山が見えるのだ。東京ゲートブリッジ、富士山、時折飛び交う飛行機。開けた空間と気持ち良い風。仕事に煮詰まった時や、人間関係につかれた時など、気分転換に、ぜひとも訪れてみてほしい、おすすめスポットだ。

関連ページ

東京ゲートブリッジ
日本の橋

撮影場所

Share