蝋梅

蝋梅

1月から2月にかけて黄色い花を付ける蝋梅は、梅という字がついているために梅の仲間と誤解されやすいが、ロウバイ科ロウバイ属の木で、バラ科サクラ属の梅とは別種の木。花弁が蝋のような色であることや、旧暦12月(現在の12月下旬から2月上旬頃)の別名・蝋月に花をつけることからこの名がついたといわれる。

少し透き通ったような黄色の可憐な花が夕日を受けて美しく輝く。この蝋梅の花やつぼみから抽出した「蝋梅油(ろうばいゆ)」には抗菌効果や皮膚の再生効果があるとされ、薬や香料として用いられる。

撮影場所

Share