唐川城跡展望台から十三湖を望む

唐川城跡展望台から見る十三湖

膝まである雪を踏み分けてようやくたどり着いた唐川城跡からは、かつては「十三湊」と呼ばれ、13世紀から15世紀前半にかけて豪族・安藤氏が支配し、栄えたという一帯がよく見晴らせた。手前に市浦大沼公園、その向こうに広がる十三湖。雲間から差し込む日光で光り輝く。

撮影場所

Share