津軽鉄道「走れメロス」

津軽鉄道
津軽鉄道「走れメロス」

太宰治の生まれ育った金木は、青森県の津軽地方の中心・弘前市から車で1時間ほど北に行った場所にある。見上げるほどの巨大な山車が巡幸する「五所川原立佞武多」で知られる五所川原を過ぎ、20分ほどで着く。五所川原から、国道339号線と並ぶようにして走っている鉄道が津軽鉄道だ。津軽中里駅までの約20キロメートルの距離を40分ほどで結んでいる。冬(12月1日~3月31日)になると運行されるストーブ列車が有名だ。

撮影場所

Share