大鳥大社

大鳥大社

大阪府堺市西区鳳北町、JR阪和線鳳駅から徒歩約10分ほどの場所に鎮座する大鳥大社は、全国各地にある大鳥神社の総本社とされる神社。約一万五千坪の広大な境内に、多種多様な木々が生い茂る静謐な雰囲気の中、出雲大社造に次ぐ古代神社建築の一つといわれる切妻造・妻入社殿の「大鳥造」の本殿をはじめとする社殿、摂社、末社が点在する。

創建年代は不詳だが、日本武尊が、伊吹山で病に倒れた後、伊勢国能褒野で死後、魂が白鳥となって、大和国琴引原、河内国古市と舞い降り、最後に留まったといわれるのがここ大鳥の地で、人々が白鳥を祀るために社を建てたのが発祥といわれる。主祭神として、日本武尊および大鳥連祖神を祀っている。和泉国一宮。

01

02

03

04

05

06

07

08

10

11

12

13

14

15

Japan web magazine’s recommend

地図

Share