大阪天満宮 秋大祭の流鏑馬神事 2014年10月25日(土) 大阪

osaka-tenman
写真提供:大阪観光コンベンション協会

 大阪天満宮で2014年10月25日(土)、秋大祭の流鏑馬神事が行われる。

 この流鏑馬神事は、古くは室町時代に既に行われていたといわれる(山科言経)が、1615年(元和元年)松平忠明公が大坂城主となった際に、幕府の命により、乗馬を献じ神事を執り行ったと記録に残っている。これを継承し、武運長久を祈願して、執り行われるようになったといわれ、1676年(延宝4年)には馬上から的を矢で射る様子が記されている。

 当時は表門から三箇所に立てられた的に向け、馬で駆け抜け、馬上から的を射た。後、周辺地域に家々が建ち並ぶようになって参詣者も増えてからは、安全を考慮して、半弓で的を狙うようになったと考えられている。現在、半弓で流鏑馬神事が行われている数少ない地の一つ。

osaka-tenmangu
大阪天満宮

Japan web magazine’s recommend

Share