「大坂の陣400年天下一祭 冬の陣」開催! ~2014年12月31日 大阪

「大坂の陣400年天下一祭 冬の陣」開催! 2014年12月31日まで。

osaka
写真提供:大坂の陣400年天下一祭

「大坂の陣400年天下一祭」について

2014年・2015年は、大坂冬の陣(1614年)・大坂夏の陣(1615年)から数えて400年の節目にあたる年だ。戦国時代最後の合戦とされる「大坂の陣」の後、天下泰平の世が訪れ、大坂は「天下の台所」と称され、商いの町・食の町として、江戸と並ぶ、わが国屈指の大都市として繁栄した。近代以降も、大阪は東京と並び、日本を代表する世界都市として発展し続けている。

この大坂の陣から400年となる節目の年に、両年を「大坂の陣400年」と位置づけ、大阪城を拠点に、大阪全域で、「大坂の陣」の史実に触れられるイベントとして開催されるのが「大坂の陣400年天下一祭」。期間中、大阪城周辺をはじめ大阪府内各地で様々な催しが行われる。

西の丸庭園には、直径36mの巨大ドーム型テントが出現、収容人数1000名を越えるイベント会場となる。ジャズコンサートや放送局やレコード会社と連携したライブミュージック、日本の伝統芸能など、さまざまな催しが行われる予定だ。

osaka2
写真提供:大坂の陣400年天下一祭

本丸広場では10月31日までの期間、屋外の自然の中でお茶を楽しむ「野点」スタイルの茶会「おもてなし茶会」を実施(平日5回、土日祝6回(1回最大50名)700円)。お茶の振る舞いを通して日本の「おもてなしの心」を体感することができるので、外国人のゲストと一緒に訪れるのもおすすめだ。

大阪城公園極楽橋周辺には、戦国時代にタイプスリップしたような気分を最新の映像技術で体験できる「侍ミュージアム」や、大人から子供まで楽しめる芝居小屋「武将ホール」などを開設。歴史を学んでから天守閣に向かえば、お祭り気分も盛り上がる。

一番櫓、千貫櫓、多聞櫓、金蔵など、通常は立ち入りができない重要文化財の櫓(やぐら)内部を公開する「櫓特別公開」(2014.11.08(土)~ 11.16(日)10時~16時30分。大人400円小人200円。)も行われる。櫓の役割や機能・構造について解説パネルで展示するほか、大坂の陣で城が焼けたのちの江戸期に徳川幕府の手によって改築された櫓の大工事を担った大名の生涯も紹介。入場者には天下一祭ピンバッチが進呈される。

Japan web magazine’s recommend

Share