鬼山地獄

02

別名「鬼山ワニ地獄」「ワニ地獄」とも呼ばれる鬼山地獄は、1923年(大正12年)に、日本で初めて、温泉熱を利用してワニの飼育を始めた場所。「鬼山」はこの地域の名前からきている。
現在、飼育されているワニの数は約80頭。クロコダイル、アリゲーター、イリエワニ、シャムワニ、メガネカイマンなど、世界各地に生息するワニが飼育されている。毎週水曜日の10:00~および土、日曜日の10:00~と14:30~、ワニの餌付けがある。

03

04

05

06

09

Japan web magazine’s recommend

Share