旧堺灯台

旧堺灯台
旧堺灯台

南海本線の堺駅から西に向かって徒歩で約15分。駅から約1キロメートルの場所にある堺旧港の沿岸部に立つ旧堺灯台(旧堺燈台)は、現存する木造の洋式灯台としては、石川県羽咋郡志賀町にある旧福浦灯台、三重県志摩の安乗埼灯台と並ぶ最古のものの一つ。

建造は1877年(明治10年)。土台の石積みは旧堺港の港湾整備と共に備前国(現在の岡山県)出身の石工・継国真吉が、建築工事においては堺在住の大工・大眉佐太郎が指揮を取り、灯部の点灯機械の取り付けは、横浜の燈台寮よりフランスのバービエール社製の機器の購入を行い、設計は英国人技師ビグルストーン(ビグルストン)が携わった。建築にあたっては、堺市民の寄付と堺県からの補助金により資金が捻出されたという。

木製の六角形をしており、高さは11.3メートル。高速道路や港湾施設などが並ぶ中、時代を超えた佇まいで、小さいながらも凛とした存在感を漂わせて静かに立っている。

02

05

1968年(昭和43年)まで現役で使用されていた。1972年7月には国の史跡に指定されている。

06

09

10

11

12

14

18

20

1915
堺の町中にある「灯台」

Japan web magazine’s recommend

Share