神奈川県立大磯城山公園

09

神奈川県大磯町、国道1号線と東海道線の間にある大磯城山公園(おおいそじょうやまこうえん)は、旧三井財閥の別荘跡地であった所。かつて小磯城と呼ばれる山城が築かれていた場所で、園内には掘割の跡や鎌倉古道などが残されている。

この公園がなんといっても素晴らしいのは、空気の澄んだ晴天の日に正面に姿を見せる富士山の眺め。その左手には箱根連山も望め、伊豆半島から相模湾まで雄大で美しい風景を楽しむことができるのだ。

10

01

02

03

04

05

06

07

08
敷地内にある関東の富士見百景のプレート。

11

12

13

14

15
横穴古墳群
16

17

18

19

20

21

22

茶室「城山庵」

三井家の別荘時代にあった国宝の茶室「如庵」にちなんで建てられたもの。日本庭園がある。茶事のほか、お茶の稽古に利用可能。

北蔵ギャラリー

三井家別荘時代の1941年(昭和16年)に文化財の保管庫として東蔵と共に建てられた。石造、瓦葺の建物で、往時の雰囲気をいまに伝えている。写真や絵画の展示、講演会などに利用可。

大磯町郷土資料館

大磯町と周辺地域の歴史、風土、文化をテーマに展示している。

Memo

秋には、紅葉の美しい場所としても知られ、沢山の人で賑わう。紅葉のライトアップも行われている。

Japan web magazine’s recommend

住所

Share