夏の日光の風物詩 男体山登拝講社大祭

山岳信仰の山で夏のご来光を見よう 夜は中禅寺湖花火大会も 7月31日(金)~8月7日(金)

sub1

登拝祭は、二荒山神社中宮祠最大の祭で、今から1200年以上前の奈良時代末より連錦と続く祭り。ハイライトは男体山信仰に根ざした登拝講社で、奥宮である山頂は登山者や参拝者で大変賑わう。また、この期間は様々なイベントも行われる。

■8月1日 0:00~ 男体山登拝講社
中禅寺湖のほとり・日光二荒山神社中宮詞登拝門を深夜に出発。6キロの山道を3~4時間かけて頂上へ。男体山の高さは海抜2,486m、中禅寺湖、奥日光、日光連山を望む景色は絶景で、すがすがしい夏のご来光を味わえる。

*当日は臨時バスも運行。(詳しくはHPへ。http://www.shinkyo.net/tohaisai/

■7月31日8月1日 21:00~中禅寺湖花火大会
場所 中禅寺湖畔
中禅寺湖の湖面に向かって放たれる花火。上空の花火と湖面に映る花火の両方でとても大きな花火を見ている感覚を味わえる。

sub2

■7月31日(午後より) 行人行列、子供みこし、稚児行列、深山踊りコンテスト

■8月4日扇の的弓道大会(参加自由) 
灯篭流し弓の名人として知られた那須余市(下野の住人)の故事にならった弓道大会。弓道経験のない一般も参加できる。岸から28m先に、5隻のボートに10本の扇の的を設けて、これを射て競技を行う。

sub3sub4

受付時間:午前8時~午前11時(時間厳守)
開始時間:午前9時より
参加者 :1、中学生   2、高校生  3、大学生並一般
開催期間:7月31日~8月7日 (神事なので、日程は毎年同じ)
会場名:二荒山神社中宮祠境内/中禅寺湖
住所:栃木県日光市中宮祠2484
電話番号:0288-55-0017 (日光二荒山神社中宮祠)
アクセス:東武日光駅・JR日光駅より湯元温泉行きバス乗車、二荒山神社前バス停下車徒歩1分

Share