平和公園(平和祈念像・平和の泉)

01

平和公園

1945年(昭和20年)8月9日、長崎県に投下された原子爆弾の爆心地(原爆落下地点)とその北にある丘の上を含めたエリアに、世界平和への願いを込めて作られた面積約18.6ヘクタールの公園。平和祈念像、平和の泉のほか、折鶴の塔、長崎の鐘、浦上天主堂の遺構、長崎原爆資料館、各国から送られた平和のモニュメントなどが点在する。

平和の泉

03

直径約18メートルの「平和の泉」は、水を求め、亡くなっていった被爆者たちの霊を慰め、恒久的な世界平和と核兵器廃絶の願いを込めて建設されたもの。1969年(昭和44年)完成。噴水は、平和の象徴である鳩と鶴の羽根をイメージしたもので、正面の御影石には、被爆当時9歳だった少女の手記より、「のどが乾いてたまりませんでした 水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました どうしても水が欲しくて とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」という言葉が刻まれている。

平和祈念像

平和祈念像

1955年(昭和30年)に、長崎出身の彫刻家・北村西望氏の手により完成した高さ約9.7メートル、重さ約30トンの青銅製の像。「高くつき上げた右手は「原爆の脅威」を、横に伸ばした左手は「平和」を、軽く瞑った目は「犠牲者の冥福」を祈る」という作者の言葉が台座の裏に刻まれてる。毎年8月9日の原爆投下の日は、「ながさき平和の日」と定められ、この像の前で「平和祈念式典」が執り行われる。

04

05

06

07
原爆落下中心碑
08
09
折鶴の塔
10
浦上天主堂の遺構
11

長崎原爆資料館

12
長崎原爆資料館

Share