那智の滝

01

那智の滝(那智滝・那智の瀧)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある滝。高さ133m、幅13m、滝壺の深さは10m。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名曝の一つに数えられる。

滝口の岩盤に二つのくぼみがあり、水が三つの筋に分かれて流れ落ちる事から「三筋の滝」ともよばれている。

那智の滝は飛瀧神社のご神体で、滝上には注連縄が張られ、周辺一帯は神域となっている。一帯は古くより山岳信仰の地であり、山中に数多くある滝は、滝篭り修行の場所となってきた。本来、「那智滝」は、この滝籠り修行に使われた48ある滝の総称で、現在「那智の滝」として知られるこの滝は、「一の滝」にあたり、「大滝」とも呼ばれていた。

飛瀧神社を上がった所に青岸渡寺、その奥に熊野那智大社がある。

02
05
青岸渡寺三重塔と那智滝
06

10

11

12
飛瀧神社の拝所から見上げる那智の滝。
13
那智の滝の水量は毎秒1トン。台風などの大雨の後は水量はその数倍にもなる。
14

滝の東側には、鬱蒼と那智原生林が生い茂る。那智原生林は、国の天然記念物に指定されているほか、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部になっている。

16

17

17

滝の上部に張られた注連縄。毎年7月9日と12月27日には、古来からの神事にのっとって「御滝注連縄張替行事」が行われる。

04

07

08

Japan web magazine’s recommend

Share