旧乗田家住宅

旧乗田家住宅

佐賀県鹿島市の肥前浜宿の浜中町八本木宿伝統的建造物群保存地区内にある旧乗田家住宅は、鹿島鍋島藩に仕えた藩士・最所家の住まいであったところ。後に、乗田家に所有が移った。築かれたのは19世紀初期頃といわれ、特徴的なクド造りの茅葺き家屋には、養蚕を行っていたスペースもあり、武士であると同時に農業や養蚕などもしながら暮らしをたてていた当時の地方武士の生活の雰囲気を今に伝えている。

Japan web magazine’s recommend

地図

Share