旧森田銀行本店

旧森田銀行本店
旧森田銀行本店 写真提供:福井県観光連盟

県内最古の鉄筋コンクリート造りの建物として知られる「旧森田銀行本店」は、1920年(大正9年)に、三国の豪商・森田家が創業した森田銀行の新本店として建設されたもの。

森田銀行は、北前船の豪商・森田三郎右衛門が、1894年(明治27年)に創業した銀行。その本店として完成したこの建物は、外観は西欧の古典的なデザインで、内部には、豪華で美しい漆喰模様が見られるほか、当時は最先端であった巻上式シャッターなども残る。設計は横浜市開港記念会館や長崎県庁も手がけた山田七五郎で、大工棟梁は地元の四折豊。

森田銀行が福井銀行と合併した後、この建物は近年まで福井銀行三国支店として営業していたが、老朽化に伴い三国町(現・坂井市)の所有となり、1999年7月に三国町の文化遺産としてオープンした。

現在は、展示やコンサートなどにも利用されており、地元市民から観光客まで、多くの人々に親しまれている。登録有形文化財。

Japan web magazine’s recommend

地図

Share