時代祭 甦る京都一千年の文化

葵祭、祇園祭とともに「京都三大祭」の一つに数えられる時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を祝う行事として、1895年(明治28年)に始まった祭。明治維新によって衰退した京都の町おこし事業の集大成として「平安神宮」が創建され、それを記念して平安京遷都の日である10月22日に時代祭が行われるようになった。「一目で京の都の歴史と文化が理解できるものを」という人々の熱意のもとに始まった祭り、それが時代祭であり、そこには「都人」京都の人々の誇りと心意気が織り込まれている。

jidaijidai2

写真提供:京都市観光協会

時代祭の特徴はなんといっても絢爛豪華な時代風俗の行列が行われること。神幸祭のお供と位置づけられる祭列だが、綿密な時代考証が重ねられた1万2000点にもおよぶ調度品、衣裳、祭具は、京都が長年「都」として培ってきた伝統工芸技術の粋を集めて復元されたもので、非常に見ごたえがあるもの。行列は8つの時代、20の列でそれぞれに時代を再現した衣装や道具を身につけた人々で行われ、明治維新から、江戸時代、安土桃山時代、室町時代、吉野時代、鎌倉時代、藤原時代、延暦時代と、時を遡って続く。行列の参加人数はおよそ2000人、その長さは全長2kmにも及び、全行程約3時間となる。

Japan web magazine’s recommend

 

Share