鞍馬の火祭 10月22日 京都

今宮神社(やすらい祭)・広隆寺(牛祭)と共に、「京都三大奇祭」の一つに数えられる「鞍馬の火祭(くらまのひまつり)」は、京都府京都市左京区鞍馬にある由岐神社例祭の一つ。

940年(天慶3年)、朱雀天皇により、平安京の内裏に祀られている由岐明神(由岐神社)が、都の北の守りとして鞍馬の地に遷された。頻発していた天災や戦さなどの世情不安を鎮め、世の平安を願ってのことであった。遷宮の当日、神道具・松明を持った行列の長さは10町(およそ1km)にもおよび、道の両側にかがり火がたかれる中を粛々と行列は進んでいった。その光景に感激した鞍馬の住民が、由岐明神の霊験を伝え、儀式を後世に残すために行ったのがこの祭礼の始まりといわれる。

「鞍馬の火祭」は毎年10月22日の夜に行われる。午後6時、鞍馬の集落各所に焚かれた「かがり火」の中を、氏子が5メートルもある大松明を持って「サイレイャー、サイリョウ」の掛け声と共に練り歩き、神社山門を目指す。さらに、火の粉舞う中を2基の神輿が巡幸し祭礼はクライマックスを迎える。翌23日には還幸祭が行われる

kurama写真提供:由岐神社

Japan web magazine’s recommend

Share