国府町雨滝滝開き祭

 国府町雨滝滝開き祭

日本の滝百選にも選ばれている鳥取県鳥取市国府町にある雨滝は、扇ノ山から流れ出す袋川にかかる高さ約40メートルの滝。周囲をトチ、ブナなどの原生林に囲まれており、清らかな雰囲気と勢いよく流れ落ちる迫力で鳥取県随一の滝として親しまれている。古くから有数の霊場として知られ、修行の場、お遍路さんの信仰の場として利用されてきた滝でもあり、現在も神聖な霊場としての神秘的な雰囲気を湛えている。

雨滝は、冬の間周囲を深い雪に閉ざされるが、春になって雪が解けるこの時期、閉ざされていた「雨滝」の神々を迎え、扇ノ山の雪解け水が枯れないよう、濁らないように祈願し、いつまでも鳥取の町がうるおうように、と執り行われるのが「国府町雨滝滝開き祭」。神事のほか、因幡万葉おんな太鼓 ・雨滝小唄、神垣手笠踊り、因幡の傘踊りといった郷土芸能披露や、物産品販売も行われる。

Japan web magazine’s recommend

Share