• Home »
  • News & Events 一般 »
  • 【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】“フラワーハート”をテーマに外壁イルミネーションを11月21日(金)より点灯

【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】“フラワーハート”をテーマに外壁イルミネーションを11月21日(金)より点灯

main

神戸メリケンパークオリエンタルホテルでは、2014年11月21日(金)から2015年2月28日(土)まで、ホテルの外壁に冬季限定のイルミネーションを点灯する。

今年のデザインは、設立から20年を迎えた神戸市花き協会が、阪神淡路大震災から20年を迎える節目の年として「KOBE FLOWER HEART(神戸フラワーハート)」をテーマに掲げて実施する花の展示イベントと連動、また、ホテルも来年2015年に開業20周年を迎えるにあたって、華やかな花を添えてお客様をお出迎えしたいという気持ちを込めて「フラワーハート」をテーマにしたデザインを採用した。

【外壁イルミネーションについて】
1997年より、毎年冬の時期に神戸を訪れる人々に神戸の夜を楽しんでもらいたい、という想いで実施しているホテルのウインターイルミネーション。今年は「フラワーハート」をテーマに、神戸の市民の花木である「さざんか」の花束をモチーフにしたデザインを採用。潮風に乗ってさざんかのハート型の花びらが舞うイルミネーションが神戸の街を彩る。

sub1

【館内イルミネーションについて】     
ロビー中央スペースに、期間限定のイルミネーションを設置。七色に輝くロープシャンデリアが多彩なイルミネーションの表情をうみだす。
 

【「KOBE FLOWER HEART(神戸フラワーハート)」展示協力について】
神戸市花き協会主催のイベント「KOBE FLOWER HEART」の開催期間中、下記日程にてホテル館内ロビーを屋内展示会場として協力する。神戸市内で生産される花々(カーネーションやストック、チューリップなど)を使用した装飾が展示される予定。

 
■「KOBE FLOWER HEART(神戸フラワーハート)」について
神戸市の北区・西区に広がる農村地域では、温暖な気候を活かして美しい花が生産されている。神戸が誇る美しい花を多くの方に知っていただき、神戸の街に花のある暮らしの素晴らしさを普及させる事を目的に、神戸市の花の生産者団体である神戸市花き協会では、神戸産の花をPRするイベント「神戸花物語」を2007年より実施している。

今年度は、神戸市花き協会が設立されて20年、また、阪神淡路大震災から20年を迎える年となり、「神戸花物語」では、阪神淡路大震災からの復興を遂げてきた神戸の街を神戸の花の魅力と合わせて全国に発信することを目的に、「KOBE FLOWER HEART」をテーマに開催される。

Japan web magazine’s recommend

Share