• Home »
  • News & Events 食 »
  • 「カレーうどん」専門店『かまう』が“かまうデビュー”におすすめの 「とりあえず★かまうセット」(980円)を1月6日より提供

「カレーうどん」専門店『かまう』が“かまうデビュー”におすすめの 「とりあえず★かまうセット」(980円)を1月6日より提供

東京・新宿区のカレーうどん専門店『かまう』にて、2015年1月6日より、初めての来店者に特にオススメの「とりあえず★かまうセット」(980円)の提供をスタートした。看板メニューの「カレーうどん(ハーフ)」、ハイボール(またはサワー、ソフトドリンク)と「どて煮」2種のお得なセットだ。

男性の常連客のリクエストに応えたボリュームたっぷりの「自家製チャーシューカレーうどん」(並950円)や、近隣で働く女性客からの提案で商品化した「季節野菜のカレーうどん」(並950円)。ほかにも、八丁味噌でてっぽう(豚の直腸)や大根などを約4時間もかけて煮込んだ「どて煮」(三種420円)や、香ばしいソースがしみ込んだ「串かつ」(一本290円)など、名古屋のご当地メニューもラインアップ。肉汁たっぷりの「ジューシーメンチカツ」(420円)、「茄子の煮浸し」(390円)、「カマンベール酢味噌和え※」(490円)、「肉豆腐※」(390円)なども加わって、一品料理がさらに充実した。

※のついた商品は、日によって商品が変わる。
※価格はすべて税込み表記。

【新メニュー概要】
商品名:「自家製チャーシューカレーうどん」
価格 :ハーフ800円、並950円、大盛り1,100円
まろやかでとろりとした独特のカレースープと、コシのある太麺でおなじみの『かまう』のカレーうどんに、自家製チャーシューをのせた新メニュー。肉好きな男性客に特に好評で、注文が集中すると1日に2回も仕込むこともあるほどの絶品チャーシュー。焼きめが香ばしく、醤油だれもしっかりしみ込んだチャーシューがカレーと一体化。その好相性がやみつきに。

img_55679_1
「自家製チャーシューカレーうどん」

*写真は「自家製チャーシューカレーうどん」(並950円)に、「ネギ盛り」と「半熟玉子」(各100円)をトッピングしたもの。このスタイルがガッツリ系男性に特に好評。

商品名:「季節野菜のカレーうどん」(夜限定 20食限定)
価格 :ハーフ800円、並950円、大盛り1,100円

女性に特に人気の季節野菜をたっぷりトッピングしたカレーうどん。冬場の主役は根菜類。ホクホクと甘いカボチャやサツマイモ、シャキシャキと心地よい食感のレンコンは素揚げにして、瑞々しさを味わえる長芋は野菜の素材感を生かして生のままカレーうどんにのせた。野菜のおいしさを知り尽くした店長が、旬の野菜に最適な調理をほどこし、カレーうどんの新しい楽しみ方を提案。とろりとしたカレースープと旬の野菜の旨みが絶妙だ。1日20食を夜の営業時間限定で提供する。*野菜の種類は季節によって変わる。

img_55679_2

「季節野菜のカレーうどん」

山芋やレンコンといったカレーには珍しい食材も!野菜の甘みや食感の楽しさが大好評。写真は並み950円。

【新しい名古屋ご当地メニュー】

img_55679_3

写真下 「どて煮」(三種)価格:420円
写真上 「串かつ」価格:290円(1本)

名古屋の味といえば八丁味噌。コクのある八丁味噌に甘みを加えて、野菜やモツを煮込んだのが名古屋ご当地料理「どて煮」。『かまう』では名古屋の名店から分けてもらった特製ダレに、毎日、てっぽう・大根・厚揚げ・玉子・黒こんにゃくの5種類の具材を加えて、じっくり4~5時間煮込んでいる。タレが足りなくなったら、基本のタレに調味料を継ぎ足して、翌日はまた食材を煮込む…これを繰り返し、旨味が蓄積・熟成した秘伝のタレになった。具材の旨みが利いたどて煮は関東の人にも食べやすく、飽きのこない味わいに仕上がっているのが特徴。どて煮のタレが余ったらキャベツ(190円)を追加し、タレに付けて食べるのが『かまう』流。

写真上は、豚バラ肉をサクサクの衣で揚げた「串かつ」。アツアツをほおばり、ジュワッと広がる脂の旨みを堪能できる。ウスターソースをたっぷりしみ込ませる串(写真左側の串)か、どて煮の味噌ダレを添えた串(写真右側)から選択できる。

img_55679_4

商品名:「メンチカツ」
価格 :420円
「串かつ」を始めたら、今度は「メンチはないの?」との要望に、「何でもリクエストに応えたい!」という店長がさっそく商品化。常連客の要望通り、肉汁たっぷりの「メンチカツ」が出来上がった。シンプルに玉ねぎだけを加えた合挽き肉に、ざっくり粗いパン粉をつけて揚げるのでとてもサクサク。中濃ソースと万能ネギ、辛子と一緒に食べれば、お酒がますます進みそう。兄弟メニューの「コロッケ」も、間もなく完成予定。

ほかに『かまう』では、チーズをはさんでジューシーに揚げた鶏のささみフライがのった「ささみチーズ揚げカレーうどん」(1,050円)、自家製チャーシューが丼になった「チャーシューご飯」(390円)、ウイスキーをジンジャーエールで割ったオリジナル「かまうハイボール」(390円)など、店長のアイデア満載の新メニューを揃えている。*価格はすべて税込み。

【店舗コンセプト】
名古屋の隠れた名物メニューと言えばカレーうどん。実は名古屋にはたくさんのカレーうどん専門店が存在する。名古屋出身のオーナーは、週に3回以上もカレーうどんを食べるほどのカレーうどんの大ファンで、「東京でも毎日のように食べたい!」、「東京の人にもこのおいしさをぜひ味わってほしい!」という想いから、2013年12月1日、『かまう』をオープンした。それ以来、満席のできる店としてメディアなどでも取り上げられている。ちなみに「かまう」とは名古屋弁で「おもてなし」の意味。

【店舗概要】
店舗名  :うどん かまう 新宿本店
店舗住所 :〒160-0022 東京都新宿区新宿3-6-3 ISビル 1F
電話番号 :03-6457-4700
アクセス :新宿三丁目駅より 徒歩1分
営業時間 :ランチ11:30~14:30LO、夜17:30~22:30LO
      ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜日定休
      ※月曜日が祝日の場合は日曜日営業、月曜日を休業
規模面積 :7坪
席数   :カウンター10席
平均客単価:ランチ800円、夜1,500円

Share