報国寺

01

報国寺は、鎌倉幕府の御家人で、足利尊氏の祖父である足利家時によって創建された(南北朝期の上杉重兼の説もあり)といわれる禅寺。本堂裏手には孟宗竹の見事な竹林が広がり「竹の寺」として知られる。

隅々まで手入れの行きとどいた境内、穏やかなたたずまいの石仏。人の少ない平日の午後など、その静謐で美しい空間は訪れるものをただただ魅了する。ご本尊は釈迦三尊。鎌倉三十三観音第10番。

02

03

04

05

06

07

08

10

Japan web magazine’s recommend

Share