かまど地獄

01

かまど地獄は、創建727年(神亀4年)の八幡竈門神社(竃門八幡宮・かまどはちまんぐう)の大祭が行われる際、噴気を利用して神前に供える御飯を炊いていたことから、その名がついた。かつては別の場所にあったが、湧出量が減少したため、現在地に移ってきた。敷地内は「地獄の一丁目」から「地獄の六丁目」まで分かれており、それぞれ特徴的な様相を見せる。「地獄の五丁目」は色鮮やかな青や緑に色が変わることで知られる。

02
04

03

05

06

08

09

10

11

13

14

16

17

18

Japan web magazine’s recommend

Share