掛川城

05

掛川城は室町時代中期の文明(1469年~1487年)年間に、大名今川義忠の重臣、朝比奈泰煕によって築城されたと伝えられる城。

その後、1590年(天正18年)に掛川の地に入封した、後の土佐藩初代藩主・山内一豊が大規模な城の改修を行い、掛川城は天守閣、大手門などを備えた近世式城郭となった。城はその美しさから「東海の名城」とうたわれたという。

1854年(安政元年)、地震によって崩れて以来、長く天守閣は再建されなかったが、1994年(平成6年)市民や地元企業の寄付により日本初の「本格木造天守閣」として復元された。

01
02

04

06

07

08

09

11

12

13

14
天守から見下ろす掛川の町並み
15

16

17

18

21

22

23

24

26

27

28

19
天守から見る二ノ丸御殿。1861年(文久元年)に再建されたもの。国の重要文化財。
29
32
二ノ丸御殿内部。
34
二ノ丸御殿から望む掛川城
36

41

50

51

Japan web magazine’s recommend

Share