~海洋堂の精巧なフィギア×情景模型が織りなす、ドラマチックなボックスジオラマの世界~

海洋堂

高い造形技術と型破りで魅力あふれる製品の数々で知られる、フィギュア・食玩等の模型を製作する海洋堂。「創るたのしみをすべての人に」をキャッチフレーズに、これまで2,000種を越すオリジナル商品を世に送り出し、チョコエッグシリーズなどで、動物などの「自然史モデル」の食玩もヒット、カプセルトイ等キャラクター商品も群を抜いたクオリティとアイデアで高い評価を得ている。

そんな海洋堂は、廃校を利用して高知県高岡郡四万十町に、海洋堂の作品1万点以上が並ぶ「海洋堂ホビー館 四万十」を2011年にオープンした。海洋堂の門外不出、世界一のプラモデルコレクションから最新フィギュア、さらには有名造型師たちの恐竜から美少女まで、あらゆるホビーを大量展示する斬新なミュージアムだ。

その「海洋堂ホビー館 四万十」にて、現在、企画展「海洋堂ジオラマワールド」が開催中。海洋堂の精巧なフィギュアを使った箱型のジオラマが100点以上も展示されており、精巧なフィギアと情景模型(ジオラマ)が織りなす、ドラマチックな「ボックスジオラマ」の世界が展開されている。

テーマは、恐竜、動物、文化芸術、マンガ・アニメや映画のキャラクターと様々。映画やアニメの中の感動の名場面や、今までに目にしたことのない世界が出現、子供から大人まで、夢中になること間違いなし!

自ら「へんぴなミュージアム」と名乗っている「海洋堂ホビー館 四万十」。大都市圏からは少々アクセスしにくい場所にはあるが、周辺の観光や高知の絶品グルメもセットで楽しみに、足を運んでみてはいかが?

Japan web magazine’s recommend

Share