“貝印” が、 ミシュラン東京で2つ星に輝いた 日本料理店“一凛”と初の共同開発

hocho

国内包丁シェアトップの貝印は、同社の調理器具のハイラインシリーズである「Kai House」より、ミシュラン東京で2つ星に輝いた日本料理「一凛」と初の共同企画製品となる、「家庭で和食作りを楽しむ」をコンセプトとした包丁「橋本幹造 両刃包丁」を、2015年2月23日(月)から、専門店、百貨店、貝印の公式オンラインストアなどで販売する。

「一凛」の店主である橋本幹造(はしもと みきぞう)氏は、2012年にミシュラン東京で2つ星を取得。気鋭の若手日本料理人として注目を集める中、料理のみならず、和食の素晴らしさや和食の技術を未来に伝承したい、という想いで様々な活動を行っている。

今回の共同開発は、橋本氏の和食を未来に伝承していくために、調理で大切な道具である包丁を通じて、家庭で和食を作る楽しさを多くの人に知ってもらいたい、という考えと100年以上にわたり刃物加工と向き合い、使いやすく切れ味の良い包丁作りにこだわってきた貝印の想いが合致し実現。約2年の開発期間を経て完成した。

「橋本幹造 両刃包丁」は、五寸と七寸の2種を発売。家庭での利用を主に、和食における細かな作業での使いやすさを考慮し、操作性にもっともこだわった。包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方が可能になり、和食創作の醍醐味でもある料理への細工や飾り付けを楽しむ事ができる。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定した。さらに、柄の形にもこだわり、握りやすく、長時間調理していても手に負担の少ない形状になっている。また、刃先は、やわらかい食材を突いたりと細かな作業も出来るよう、先端を切り落とした形状となっている。

【商品の特徴】
・シリーズ名: 橋本幹造 両刃包丁
・価格:  七寸 メーカー希望小売価格 15,000円  五寸 メーカー希望小売価格 10,000円
・サイズ: 七寸 全長35cm/刃渡り21cm  五寸 全長28cm/刃渡り16cm
・発売日: 2015年2月23日(月)
・販売: 専門店・百貨店・http://www.kai-group.com/store/(貝印オンラインストア)

【「一凛」店主 橋本幹造について】
神宮前の日本料理『一凛』の店主・橋本幹造。1970年に京都で生まれ、18歳から修行の道に入り、その後上京して赤坂で京料理店の料理長をつとめた後、2007年に一凛を開業。その後2009年にミシュランの1つ星を取得。さらに2012年には2つ星へと昇格を果たした。そして店だけにとどまらず、テレビ番組への出演や炊飯土鍋を開発するなど、もっと日本料理を多くの人に知ってもらおうとする努力を忘れぬ、日本料理の第一線で活躍する料理人。

Share