海宝寺

海宝寺は、かつてこのあたりにあった湖「椿海」が紆余曲折を経て干拓された際、新たに新田に移住してきた農民のために1678年(延宝6年)に幕府が許可をして建立された3社5ヵ寺の一つ。県指定有形文化財「絹本著色釈迦涅槃図」を有する。境内の樹齢100年を越える吉野桜の美しさも知られている。

Japan web magazine’s recommend

Share