華麗なるジャポニスム展 ~2014年11月30日(日) 京都 

japo

 19世紀後半から20世紀初頭にかけて,西洋では浮世絵をはじめとする日本美術が大流行、その大胆な構図と斬新な色使い、独特の装飾模様は西洋美術に大きな影響を与え、美意識に変革をもたらし、「ジャポニスム」という現象が生まれた。本展は、初期ジャポニスムを代表するクロード・モネの大作であり、修復後世界初公開となる「ラ・ジャポネーズ」をはじめ、ボストン美術館の所蔵品より厳選された絵画、版画、素描、写真、工芸など、約150点を紹介する。

Japan web magazine’s recommend

Share