湧池

湧池 忍野八海

湧池は、国指定天然記念物「忍野八海」の八つの池のうちの一つ。 八海めぐりの第五霊場。面積約152平方メートル。年平均水温13度。忍野八海で最も知られた池で、最大の湧出量を誇る。その湧出量は、池に繁茂する水草「セキショウモ」が湧き出る水にあおられてゆらゆらと揺れている様子からも見てうかがえる。透明度も高く、周辺住民の飲料水として、また灌漑用水としても利用されている。石碑に「いまもなほ わく池水に 守神の すへの世うけて かはれるぞしる」と刻まれ、徳叉迦竜王(とくしゃかりゅうおう)が祀られている。毎年9月19日には木花咲耶姫命の祭りが執り行われる。池の底には水中洞窟が続いており、潜水調査では最奥部まで55メートルあることが確認されている。美しい透き通った青色の水が印象的な池。

Japan web magazine’s recommend

+-で地図を拡大縮小

Share